Webサービスの規模と課金|魅せる映像を作ろう!プロに任せればラクラク!

キーボードを操作する手元

Webサービスの規模と課金

PCをつかう男性

システム丸ごとのサービス提供など「規模が大きく、コストもそれに伴ってかさむ」というサービスももちろんあるのですが、最近の傾向としては「規模が小さい、あるいは単体のサービス」を提供して「それなりのコスト、あるいは時間や容量に応じた課金」になっています。規模が大きいと、どうしてもそのwebサービスの導入に躊躇する場合があります。一方、簡単に導入できるなどのwebの特徴を生かしたシンプルなサービスの提供ならば、ユーザーも気軽に導入することができるし、提供元も単純で分かりやすい課金体系にでき、薄利多売を狙うことができます。あるいは、基本機能は無料で提供し、本当に使える機能は有料で販売する、というビジネスモデルもあります。

webサービスを使う側の環境にも変化が出ており、パソコンと社内LANでガッチリと組んだシステムを使う、といった環境から、社内ではタブレットを使い、外出先ではスマホを使い、ネットワークもWi−Fiを使うなどしてモバイルを最大限に利用したシステムに変化しています。 こういったユーザー環境の変化は、webサービスの提供側でも当然ながら意識されており、タブレットやスマホなどの画面サイズや、タッチ操作やジェスチャー操作などのユーザーインターフェースにちゃんと対応したサービスになっています。また、クラウドなどと連動して、社内でも外出先でもそれらを意識することのない、同様の操作環境を提供するようになっています。